banner

通学と通信講座の選択

■「学習場所」をとるか「学習時間」をとるか
社会保険労務士試験の学習方法について、資格予備校への通学にするか、
それとも通信講座を利用するかで迷っている人は、
「一体自分は学校や講座に何を求めているのか」を考えてみるとよいと思います。

つまり、「学習の場が欲しいのか」それとも「学習の時間が欲しいのか」ということです。

■学習の場
資格予備校には、学習に向いた場所が準備されます。
教室があり、生の講義があり、学習仲間もいて、
学校にいる時間は完全に学習に適した環境に身を置くことができます。

反面、資格予備校に行くためには、行き帰りの時間を要します。
また講義時間は学校側が決定するため、残業などで講義に出席できないこともあるでしょう。
(DVD講義などを用意している予備校もありますが。)

そしてこうした座学講義では、受講生全体のレベルに合わせた講義が行われるため、
突出してレベルの高い人(または逆に低い人)の場合は、
講義自体が無意味(あるいはついていけない)といった状況も起こりえます。

■学習の時間
一方、通信講座にあるのは、学習の時間です。
通信講座は、自分の都合の良い場所で、都合の良い時間に、自分が選んだ科目を、
自由に学習することができます。

また、学習レベルや学習量を他人に合わせる必要がないため、
自分に必要な学習を重点的にすることができます。

「苦手科目をなくす」ということは、
科目ごとの足切り制度がある社会保険労務士試験では重要な試験テクニックですが、
通信講座の場合は「自分の得意科目の学習時間を苦手科目の学習時間に振り分ける」といったことも、自由にできるのです。

つまり、通信講座利用の学習は、時間効率に優れているのです。

しかしその反面、通信講座というものは、学習方法自体は完全な独学と変わりません。
自分でテキストやDVDに向かおうとしなければ、全く学習ができないのです。
豊富な学習教材が目の前にあるのに、誰も学習を強制してくれないため、
充分な学習ができずに本試験に臨む人も中にはいると思われます。



>>次のページ

>>社労士試験にパスする勉強法とは?

社会保険労務士 難易度検証ファイル