banner

社会保険労務士 難易度検証ファイル

「社会保険労務士試験の難易度は、どのくらいなのだろうか?」
社会保険労務士という仕事や試験に興味を持った人は、誰でもこの疑問を持つでしょう。

受験を検討している人だったら、
「どんな問題が出るのだろうか?」、「合格率はどのくらいだろうか?」、「何%正解すれば、受かるのだろうか?」、「どのくらい勉強すれば、受かるのだろうか?」
そうしたことが気になると思います。

また、更に、
「働きながら合格できるのだろうか?」、「会社を辞めて勉強するべきだろうか?」、「受験に必要な費用は、どのくらいなのだろうか?」
・・・という疑問も出てくると思います。

世間では、「社会保険労務士試験は、従来に比べて難易度が高くなった」と言われていますが、これは、受験者数の増加や合格率の減少、試験問題自体の難化傾向などから、全体としての難易度が上がってきているという意味です。

しかし、あなたが知りたいのは、一般的に言われている難易度ではなく、自分にとっての難易度、つまり「私はこの試験に合格できる可能性があるのか?」ではないでしょうか。

難易度というものは、相対的なものです。
Aさんにとっては非常に簡単なことでも、Bさんにとってはとても困難だったりします。

Aさんは300時間の学習で合格ラインに達するかもしれませんが、Bさんには1,000時間かかるかもしれません。

また、Aさんは潤沢な学習時間が確保できるけれど、Bさんは仕事が不規則で学習時間がほとんど取れないかもしれません。

あるいは経済的な理由で、Aさんは色々な問題集を購入できたけれど、Bさんはできなかった・・・といった事情があるかもしれません。

更に、記憶力が良く択一式問題が得意なAさんにとっては解答しやすい試験だけれど、数的能力に優れ計算問題が得意なBさんにとっては、(計算試験ではない)社会保険労務士試験は、充分に実力が発揮できないのかもしれません。

ですから、難易度というものは、一言で断言できるものではないのです。結局はデータを見て、自分に当てはめ、自分で判断するしかありません。

そこでこのサイトでは、社会保険労務士試験の難易度について興味を持っている人のために、様々なデータを集めてみました。

こうしたデータを色々と当てはめてみて、自分にとっての難易度を検証してみてください。



>>次のページ

>>社労士試験にパスする勉強法とは?

社会保険労務士 難易度検証ファイル